<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

リアルマリアF1の1腹目が元旦に生まれてから
4ヶ月が経ちました。
2腹目と比べると赤く滲んでいた個体は少ないですが
大事に育てています。
e0164530_358951.jpg

e0164530_317533.jpg
e0164530_317146.jpg

(画像をクリックすると大きく見れますよ)
1腹目90cm水槽に約40匹。




今現在マリアのF1だけで5本の水槽を使っています。(90cm水槽4本と60w水槽1本)
水槽が足りないのでこの先どうするか?
マンガルF1の為に新しく90cm水槽を立ち上げる?
マリアF1を減らして水槽を空ける?
マンガルF1を減らす?

迷っている理由は・・
現在マリアF1とマンガルF1水槽の水換えで毎朝2時間以上かかります。(これ位は慣れたので平気ですが)
家には他にもアロワナの水槽や2M水槽、ペア水槽があるので
3日に1回は朝晩4時間以上は水換えに時間がかかります・・
これ以上増えたらと思うと趣味でも嫌になりそうです。最近疲れてきたのかな?

明日は円盤倶楽部にW.B.SABBY便が入荷するので楽しみです!
[PR]
一昨日の4月26日にマンガルペアが二度目の産卵しましたが
忙しかったので写真も撮れず更新するのも今日になってしまいました。

e0164530_2433880.jpg

今回は水槽の壁ではなく産卵塔に産みました。

マンガル1腹目も順調に育ってます。
もうすぐ1ヵ月経ちますが他の水槽を空けなければ移動できません。。









リアルマリアF1の2腹目を選別しましたがまだ200匹ぐらいはいます。
e0164530_334287.jpg
e0164530_335348.jpg

まだ生後三ヶ月経っていませんがこの様に赤く滲んでいる個体も。餌は赤虫だけです。
全ての個体が赤く滲んでいる訳ではなく270匹中50~60匹ぐらいでしょうか?
1腹目は全部で50匹ぐらいしかいなかったので赤く滲んだ個体は少なかったですが
2腹目はかなり期待できそうです。
[PR]
マンガルの稚魚が体着して明日で1週間。
そろそろ親と離すのでその前に撮影しました。

e0164530_159748.jpg
e0164530_1591564.jpg

[PR]
マンガルペア
一度目の産卵で見事体着!!

e0164530_1312531.jpg

稚魚の数は100匹ぐらいでしょうか??
あまり当てにはなりませんが。。

e0164530_1392237.jpg
e0164530_1393038.jpg

今日は昼間円盤倶楽部にW.B.SABBY便入荷!
夜はよっちゃんの家にお邪魔する予定なので早く寝ます。
[PR]
4月2日に産卵したマンガルペア。
今日無事に孵化しました。

e0164530_21343244.jpg

ペアにして1週間で産卵、水槽の壁に産卵したので
どうなる事かと思っていましたが孵化と同時に壁から
産卵塔に移動させてました。
このペア今の所はとても仲が良く交代で孵化したての稚魚を見守っています。

産卵した卵は150~200ぐらいでしたが
受精率98%!!一度目の産卵にも拘らずこの受精率は凄いです。
e0164530_21474735.jpg
e0164530_2148297.jpg

問題は体着時と体着してからです・・・
一度目の産卵で上手くいくか??
[PR]
本日2回目の更新です。

先週の土曜日にオスを入れペアにしたマンガルが
本日夕方5時30分産卵しました!!!今現在もまだ産卵中です!
e0164530_18204388.jpg

♀北岸アレンカーマンガル 2009年11月7日入荷 W.B.SABBY便
♂北岸アレンカーマンガル 2009年11月7日入荷 W.B.SABBY便



e0164530_18205714.jpg
e0164530_18212766.jpg

追加
産んだら網を被せる為に産卵塔を違う物に入れ替えてたのですが
気に入らないのか壁に産卵してしまいました。
産卵塔を入れ替えた意味ないし。。

産卵後PHを計ったら6.0でした。
[PR]
2腹目を産卵してから休養しているマリアクルピーラのメスを
久しぶりに撮影してみました。

e0164530_054477.jpg

フラッシュ有りのオートで撮影するとこんな感じで
実際の見た感じとは少し違います。




この写真はフラッシュ無しで撮影。
e0164530_06663.jpg

この写真の方が実際に見た色と同じ感じです。



産卵前のマリアクルピーラ ペア
e0164530_062483.jpg

このマリアクルピーラですが詳しい産地を知らない人が多いんじゃないかと。。
そこで以前W.B.SABBY鴨志田さんがSABBY通信の中で書いてくれた地図を
お借りして詳しい産地を説明してみます。
e0164530_0145667.jpg

この地図の上の方を横切っている緑の線がアマゾン河本流です。
左下からアマゾン河本流に向かって流れているのがマディラ河です。
このマディラ河から途中で別れアマゾン河本流と平行して流れて先の下流で
アマゾン河本流と合流するのが青い線ウラリア水道です。
このウラリア水道も全てがウラリア水道と呼ぶ訳ではないらしく
地域によって2~3回名前が変わるようです。
マディラ河からウラリア水道に入りアバカシス河と赤い線のクルピーラ河の間に
あるのがマリアクルピーラです。

とてもわかりやすい地図ですね~。
鴨志田さんの説明はもっと詳しく書いてありますので
気になった方は円盤倶楽部のHP円盤ニュースSABBY通信41回目を見て下さい!






もちろん家のマリアクルピーラのペアもSABBYから入荷した個体ですので
生まれた仔はリアルマリアF1と呼ぶ事にしました。



リアルマリアF1 1腹目が生後三ヶ月経ちました。
e0164530_07752.jpg
e0164530_072662.jpg
e0164530_073975.jpg
e0164530_075021.jpg

餌は赤虫だけです。
[PR]
←menuへ